ぱてとふ

とりあえず何か書いていきます。

【督促】税金を滞納していたら怖い通知が来た【差押え!?】

会社勤めの方にはあまり関係のない話しかもしれませんが、自営業やフリーランスにとっては、税金って結構悩みの種です。

前年の所得に応じて、翌年に課税されることになるので、稼いだ分の一部を取っておかないと翌年に痛い目を見るという落とし穴に引っかかった方は多いのではないでしょうか。 

また、毎月の所得から一定額が自動的に引かれるわけではなく、自分で納付書をもって払いに行くか、口座振替にしないといけないのも面倒です。

そんな面倒くさい税金に関して、市役所から怖い通知が来た、そんなお話しです。

 

f:id:uk_548:20190508181932p:plain

 

謎の黄色い封筒が届いた

ある日、帰宅すると見慣れない封筒が届いていました。

f:id:uk_548:20190408190432j:plain

「重要」「大切なお知らせです。至急、ご確認ください。」

「税の納付は安心で便利な口座振替で!!」

どうみても税金の督促です。

何か払い忘れていたか?という考えが浮かんできましたが、ちゃんと払っているはずだし、何かのミスである可能性の方が高いと思いました。

 

市役所のミス?

実は以前から市県民税の納付書が届かなかったり、金額が間違っているというミスがあったんです。

原因は、確定申告に際して、現住所を書くところに事業所の所在地を記載していたせいで、僕のミスなんですけどね。。。

なので、今回も何かの間違いの可能性もあると思ったわけです。

 

そもそも税金はちゃんと払っているはず。

普段、市県民税と健康保険については、だいたい納付期限一カ月後に送られてくる督促状兼納付書で支払っているんです。

この時点で褒められた話しではないんですけど、そいつが届いたらすぐに支払うようにしています。

督促状兼納付書は、圧着式のハガキサイズのものなので、今回の封筒サイズは初めて見ました。なんだか市役所の本気を感じる雰囲気があります。

 

中身が怖い

封を開けてまず目についたのが案内文書。

文面が怖いです。

f:id:uk_548:20190408191833j:plain

f:id:uk_548:20190408191844j:plain

「滞納者の財産を差し押さえなければならない」

「滞納処分(差押え・捜索)となります。」

怖いですね。。。

この時点で、「えっ、差押え!?すぐに払わなきゃ!」となりますよね。

他の部分も読んでみると、払えない無いならすぐに相談に来い的な記載もありました。

おどかしつつ、逃げ道は塞がないという若干の優しさも見えました。

 

気になる滞納額は?

税金の延滞金って高いって聞くじゃないですか。

だから結構ビビりつつ中を確認しました。

 

気になる滞納額は。。。

 

な、なんと。。。

 

 

f:id:uk_548:20190508175245j:plain

 

1400円!!

金額を見てほっとしました。

書面の内容からすると、市県民税の延滞金のようです。

本税は払っていたけど、延滞金が生じているにも関わらず、その納付が漏れていたようです。

しかし気になるのが、納期限。

平成27年11月2日になっています。

納期限からこの書類が届いた日まで、延滞金を払えという内容の督促を受けた記憶はありません。

おそらく金額が少額だったがめ、市役所側の確認が漏れ、3年以上経過してから今回のような書類を送ってきたのでしょう。

 

納付書が入っていない。

金額が少ないので、すぐに払ってしまおうと思いましたが、納付書がどこにも入っていませんでした。役所の窓口に怒られに来いということでしょうか。

とりあえず書類が届いた翌日に市役所の出張所に書類を持って行きました。

 

僕「これが届いたので払いたいんですけど」

窓口のおじさん「じゃあ、これに名前と連絡先を書いてください。」

(納付用の紙を渡される)

僕「書きました。」 

窓口のおじさん「1400円をお願いします。」

僕「はい」

窓口のおじさん「領収書を準備するので少し待ってくださいね。」

 

怒られるのかとドキドキしましたが、やりとりはこんな感じで至って平和でした。

領収書作成のため、おじさんがパソコンで僕のデータを探しているようでしたが、見つからないようで、電話でどこかとやり取りしていたのが気になりました。

その後、少し待って、領収書を受け取って終わりでした。

 

延滞金の支払いが漏れた理由

市区町村によって取扱いは異なるようなのですが、僕の住んでいる自治体では、期限切れの納付書でも、一定期間内であればコンビニでの納付が可能なんです。

それを使って支払ってしまうと、今回のように本来払うべき延滞金の支払いが漏れてしまうことがあるようです。

 

税金の支払いは忘れずに

書面を受け取ったときには、「普通に送ってくれれば普通に払うのに、こんな怖い文章を送ってくるなんて。。。」とちょっと腹立たしく思いましたが、そもそもちゃんと期限内に払わなかった僕が悪いので、反省します。

 

ちなみに、税金の延滞金の利率ですが、以前は年14.6%という高い利率だったようですが、最近は年8.9%に下げられたようです。

 

ちゃんと払っている人にはどうでもいい話でした。