ぱてとふ

とりあえず何か書いていきます。

吉野家の朝食メニューに足りないと思うもの【完全な私見】

早起きな人にとっては有意義に使える時間ですが、起きるのが苦手な人にとっては慌ただしい時間になってしまうのが朝。仕事に遅れないように急いで準備をして出かけるため、朝食を準備する時間がないという人も多いでしょう。

 

コンビニでちょっとしたおにぎりやパンを買って済ませたりする日もあるでしょうが、たまにはしっかり朝ごはんを食べたい日もあります。そんな時に役に立つのが、牛丼チェーン各社。朝食メニューが揃っています。

そんな各社の中で、吉野家の朝食メニューについて思ったことを書いてみたいと思います。

 

f:id:uk_548:20190206172617p:plain

 

1.吉野家の朝食メニュー数がおどろき

 昔は種類が少なかった印象ですが、公式サイトによると、現在これだけのメニューがあります。

 (1)塩鯖定食

 (2)塩鯖牛小鉢定食

 (3)しらすおろし定食

 (4)しらす牛小鉢定食

 (5)しらす明太子定食

 (6)ハムエッグ定食

 (7)ハムエッグ牛小鉢定食

 (8)ハムエッグ納豆定食

 (9)Wハムエッグ定食

 (10)Wハムエッグ牛小鉢定食

 (11)Wハムエッグ納豆定食

 (12)納豆定食

 (13)納豆しらす定食

 (14)納豆牛小鉢定食

 (15)納豆明太子定食

 (16)辛子明太子定食

 (17)明太子牛小鉢定食

 (18)焼魚定食

 (19)焼魚牛小鉢定食

 (20)焼魚明太子定食

 (21)特朝定食

なんと、驚異の21種類!!これには驚きです。

もっとも、定食名は「基本のおかず+トッピング食材」という形なので、松屋でいうこところの「選べる小鉢的な感じ」で、正味の種類としてはこんなに多くありません。

 

2.正味の朝食メニュー数

 では、メニューを整理してみたいと思います。

 (1)塩鯖

 (2)しらす

 (3)ハムエッグ

 (4)Wハムエッグ

 (5)納豆

 (6)明太子

 (7)焼き魚

 (8)特朝

公式サイトで、何で細かい組み合わせまで載せているのか、趣旨がよくわかりませんが、基本的にはこの8種類ですね。

そして、上記(1)から(7)のメニューに、納豆、明太子、牛小鉢を組み合わせたものが、上記1の朝食メニューになります。

 

3.値段・カロリー・販売時間について

 朝食のメニューの値段は、納豆定食の360円から焼き魚牛小鉢定食等の590円までの価格帯です。500円以下のメニューがほとんどですね。

 カロリーは、最低が辛子明太子定食の466kcal、最高が特朝定食の781kcalです。600kcal前後のものが多く、割とヘルシーな印象です。

 販売時間は、午前4時から午前11時まで。

 

4.画像つき朝食メニューはこんな感じ

f:id:uk_548:20190206175006j:plain

こうやってみると8種類がピックアップされています。

たしかに21種類全部載せるというのは、しつこいですよね。

さて、この画像を見て気になるところがありませんか?

辛子明太子定食は良いのですが、それ以外に足りないものがあるんです。

 

5.辛子明太子定食以外の朝食メニューに○○○がない!!

 答えは、お新香です。

 そうです。お新香(漬け物)が無いのです。

 人によっては、どうでも良いことかもしれませんが、私にとっては大切なことなのでもう一度言います。

 辛子明太子定食以外の朝食メニューにお新香が付いていないんです!

 

6.昔はついていたのに

 調べてみたところ、朝食メニューがリニューアルされたのは2015年6月のようです。それ以前の定食メニューには、すべてお新香が付いていました。

 いったいなぜお新香を無くしてしまったのでしょうか。リニューアル当時から現在まで、個人的に理解に苦しんでおります。

 

7.○○○の役割

 お新香のおかずとしての役割は、非常に大きいものでした。

 2015年6月以前、例えば納豆定食を頼んだ際には、卵かけ納豆ごはんを主役に焼き海苔とお新香で脇を固め、味噌汁がそれを支える、そんな印象でした。

 納豆ごはんをかきこみ、海苔で巻いて食べて、飽きたらお新香をおかずにまた納豆ごはんをかきこみ、味噌汁でそれを流し込むという、まさに理想のリズムで食事をすることができました。

 それが現在はどうでしょう。

 卵かけ納豆ごはんと、焼き海苔、味噌汁の三種類だけになってしまっています。納豆ごはんをかきこみ、海苔でまいて食べ、味噌汁で流し込む。なんとも単調で味気ないものになってしまいました。

 

8.○○○の単品での注文はあり得ない。

 じゃあ、単品でお新香を追加しろよ、という意見もあるかもしれませんが、それはありえません。

 なぜならば、単品だとお新香の量が多いんです。前述のリズムを正しく刻むには、量が多すぎます。ご飯の合間にお新香なんです。お新香単品だと、お新香の合間にご飯になりかねません。

 そして単品で100円もするんです。コスパもものすごく悪くなってしまいます。

 

9.その結果

 お新香が消えた2015年6月以降、私は、吉野家で朝食メニューを食べたことはありません。

 辛子明太子定食にはお新香がついていますが、何か違う感じがして、それも食べたことがありません。

 牛丼は良く食べます。といいますか、吉野家以外で牛丼は食べないくらい、吉野家の牛丼が好きです。牛丼は間違いなく吉野家が正義(?)です。

 いつか丁度良い量で、朝食メニューにお新香が復活してくれることを節に願っています。

 

10.最後に

f:id:uk_548:20190206181622j:plain

松屋は、ちょうど良い量のお新香が付いています♪

そのため、あの日以来、私は朝食が食べたい日には松屋に行っています。

画像は、ソーセージエッグW定食(牛小鉢)450円です。

 

朝食は松屋が正義!