ぱてとふ

とりあえず何か書いていきます。

【体験談】喉から鼻に行く感じの風邪

2月といえば、一年で一番寒く、インフルエンザも猛威を振るう時期です。

そんな中、風邪を引いたのですが、喉から始まり、分かりやすく鼻に移行していく感じの症状だったのが印象的だったので、記録として書いてみたいと思います。

 f:id:uk_548:20190205124639p:plain

 

1月30日(水)

 体調には特に問題がない感じでしたが、のどに違和感を憶えました。むず痒いような、痛いような、カラオケで歌い過ぎた後のような感じでした。

 問題なく我慢できるレベルでしたし、すぐに治るだろうということで、この日は特に何の対策も取らずに過ごしました。

 これが始まりだったようです。

 

1月31日(木)

 喉の痛みが少し増してきました。

 それほど痛くはないですが、咳が少しでるようになってきました。

 うがいを小まめにすれば直るだろうということで、イソジンで小まめにうがいをしたり、ノドヌールスプレー的なものを喉にプシュっと吹きかけたりしていました。

 

2月1日(金)

 喉の痛みが続いています。

 しかし、痛みの位置が少し上の方に移行した印象です。

 前日同様小まめにうがいをするようにして過ごしました。

 

2月2日(土)

 喉の痛みが結構引いてきました。

 これで治るかなとおもったのですが、今度は鼻水が。

 風邪がなおって今度は鼻炎になったのだろうと思い、薬を飲みました。

 今思うと、これも風邪の症状なんですよね。

 

2月3日(日)

 鼻水がとまりません。

 時期的に花粉症かな、と思ったのですが、なんだか怠さもありました。 

 念のため、熱を測ってみると微熱が。

 鼻をかみ過ぎて、鼻の下などが痛くなってしまいました。

 

2月4日(月)

 喉の痛みと頭痛で早朝に目が覚めました。

 鼻が完全につまり、そのせいで頭痛まで起きたようです。

 マスクをしないで寝た上に、鼻づまりのせいで口呼吸になってしまったため、喉が乾燥しすぎたせいかもしれません。

 痛いのは、鼻の奥から額にかけてです。蓄膿だとこんな症状がでると聞いたことがあったのですが、まさに何かが詰まってしまっているような感じです。

 これはひどい感じでした。鼻づまりで頭痛が起きるとは。。。

 鼻炎の薬と頭痛薬を飲んで痛みは治まりましたが、日中は鼻水がひどかったです。夕方に鼻水は収まりましたが、今度は熱が上がってきた感じに。

 寝る前に体温を測ったところ、38度弱の熱がありました。

 

2月5日(火)

 マスクを着けて寝たので、喉が乾燥するということもなく熟睡できました。

 朝一で熱を測ると、まだ微熱がありましたが、数十分後に再度測ったところ、平熱になっていました。

 体調はほぼ回復したようです。

 あとは、今日一日安静にしていれば完治しそうです。

 

 風邪の症状と鼻の症状

 今回の風邪は、喉から鼻に症状が移動していきました。

 珍しい印象だったので、ちょっと調べてみたら、ちょうどいい解説がありました。

takeda-kenko.jp

かぜのひき始めには、のどの痛みや発熱と同時にサラッとした鼻水が大量に出てくしゃみが出るような、アレルギー性鼻炎に近い症状が出ることがよくあります。そのような状態が続いて熱が下がってきた頃に咳やたんが増え、鼻水はちょっとドロッとしてきますが、このあたりから鼻がつまってくるというような経過をたどります。 

※上記サイトより引用

のどの痛み+発熱+サラッっとした鼻水+くしゃみ

  ↓

治ってくると、咳+たん+鼻づまり

というプロセスのようです。

 

たしかに、喉の痛みから、花粉症張りの鼻水、そして、鼻づまりという経過をたどりました。

花粉症だったら症状が続くんだろうな、と少し不安だったのですが、風邪の一環ということであれば、一時的なものですし、一安心です。

 

IQOSのおかげかも

 風邪を引いた際に、喉から鼻に分かりやすく移行していくという経過を辿ったのは、個人的には初めての印象です。理由について考えてみると、紙巻タバコからIQOSに変えたからかもしれません。

 紙巻タバコのときには、喉の痛みがでてもタバコを継続して吸っていたので、喉の痛みが治まらないまま、その他の症状に移行していっていたのだと思います。

 今回は、紙巻タバコを吸っていなかったので、喉の痛みはすぐに収まり、鼻に移行していったのでしょう。

 確かに、紙巻タバコを吸っていて風邪を引いた時と比べ、体調は相当楽な感じでした。

 

体調管理に気を付けよう

 風邪予防について調べてみると、以下のようなことに気を付けるのがポイントのようです。

 ①水分を多めにとる

 ②栄養をしっかりとる

 ③マスクをする

 ④暖かくする

 ⑤適度な運動をする

 ⑥人ごみを避ける

 

それでも風邪をひいてしまったら

 早めにお医者さんに行きましょう。