ぱてとふ

とりあえず何か書いていきます。

一週間毎日飲んでしまう理由について考えてみた【お酒】

f:id:uk_548:20180813154157p:plain

酒は百薬の長なんて言葉がありますが、飲み過ぎが健康によくないことは明らかです。とかいいながら、私の場合、昨年は365日中350日お酒を飲んでいました。

本来であれば、飲まない理由やメリットしっかり考えるべきだとは思いますが、とりえず一週間毎日飲んでしまう理由について考えみます。

 【月曜日】休み明けのだるい一日を乗り越えたご褒美。

月曜日って休み明けだから、中々調子が出ないことってありますよね。

午後あたりから調子が出てきてときは、「月曜なのによく頑張ったって」自分を褒めてもいいと思います。

一方で、一日中調子が出なかった日はへこむと思いますが、「明日から頑張ればいいさ」って自分を慰めてあげつつ「調子が出ない中、よく頑張ったよ」って褒めてあげるのがいいんじゃないでしょうか。

いずれにせよ、だるい一日を乗り越えたのですから、ご褒美として飲もう。

 

 

【火曜日】今週もまだ始まったばかり。明日に備えて充電するために飲もう。

月曜日を乗り越えて、少し仕事モードにスイッチが入ってくるのが火曜日です。

月曜日に比べ、仕事のパフォーマンスも向上していることが多いのではないでしょうか。

しかしまだまだ前半戦。気を抜いてしまうわけにはいきません。一日の疲れをいやして、残り3日間をしっかり働く必要があります。

しっかり飲んで楽しく過ごして、明日からまた頑張ろう。

 

【水曜日】平日の折り返し地点。後半も頑張るために飲んでおこう

業種によっては休みである水曜日ですが、土日休みの人にとっては、ちょうど中間地点です。

水曜日の仕事が終わると、「あと二日もある」って少しくじけそうになるときってありませんか?ひとまずは前半戦終了のお祝いも兼ねて、後半も頑張るためにもストレスを発散しておきましょう。

 

【木曜日】あと二日で休みだ。最終日を乗り越えるために飲もう

木曜日の仕事が終われば、残すはあと一日!待ちにまった休日が近づいてきます。

しかし、月曜から木曜までの労働で、体は結構疲れているかも。

金曜日を乗り越えるためにも、飲んでおこう。

 

【金曜日】一週間がんばった自分へのご褒美。

f:id:uk_548:20180813155050p:plain

休みの前日です。翌日は休みですし、遅くまで飲めますから、色々な飲み会なんかも金曜日に設定されていることが多いと思います。友人や同僚と飲みにいっても良し、一人でいきつけのお店に行くも良し、デートするもよし。引きこもってなんかいられません。

そして何より、一週間がんばった自分へのご褒美として、ここは飲んでおくしかないでしょう。

【土曜日】翌日は休みだ。飲み過ぎて寝坊しても良いんだから楽しく飲もう

金曜日は仕事があるから早くからは飲めないし、日曜日は翌日仕事だから遅くまで飲めない。その点、土曜日なら早い時間から飲んでもいいし、遅くまで飲んでもいいという最高の条件です。

そんな日に飲まない手はないでしょう。

 

【日曜日】明日からまた一週間が始まる。憂鬱な気分から逃れるためにも飲んで元気を出そう。

日曜日のサザエさんのエンディングテーマを聞いていると、休日が終わりに近づいていることを実感してきます。そして、翌日は仕事だなーってなんとなくダルさを感じますよね。

そんな気分に打ち勝つためにも飲んで英気を養って早く寝て翌日に備えよう。

 

そして休肝日ゼロへ

毎日飲んじゃう理由ってこんな感じじゃないですか。