ぱてとふ

とりあえず何か書いていきます。

鳩の糞をくらったので鳩について調べてみた

 

f:id:uk_548:20180810191846j:plain

駅などで良く「鳩が落し物をします」って看板を見かけますよね。

でも、実際に鳩に糞を落とされるって滅多にないと思います。私自身、多分人生で1回しか被害にあっていないのですが、先日鳩の糞による2回目の被害が起きました。

3回目の被害を未然に防ぐためにも、敵に対する理解を深めようと、色々調べてみました。。。

 

 

 

鳩は平和の象徴!?

鳩って糞をよくするイメージはもちろんですが、意外と良いイメージもありますよね。なんかの式典とかで鳩が大量に飛ばされているシーンとか良く見かけますよね。

鳩は平和の象徴っていうのも良く耳にすると思いますが、これは旧約聖書の「ノアの方舟」が由来だそうです。

洪水により避難したノアさんが、水害が収まっているかどうかの確認のために鳩を放ち、オリーブの木を加えて戻ってきた鳩を見て、水が引き始めていることを知り、方舟から出たそうなんです。木が沈むほどの水害ってすごいですね。

平和の象徴っていうくらいだから、戦争関係とかそんな由来かと思っていたら、水害関係とは。

なんだかピンときませんね。

 

鳩はきれい?汚い?

環境省発行の、たぶん「鳩にえさをあげないで」っていう資料の記載によれば、鳩に触れるとオウム病やクリプトコッカス症という病気になる恐れがあるそうです。また、鳩の糞の中にはダニがいるそうで、それが原因で皮膚炎が起こったり、羽が原因でぜんそくやアレルギー症状が起きることがあるそうです。

鳩め。やはりろくな奴じゃないな。

ちなみに、オウム病っていう病気にかかると、インフルエンザや肺炎みたいな症状になったりするそうで、クリプトコッカス症は、症状が出ない場合もあれば、頭痛や錯乱、せきや胸痛がでるそうで、いずれも怖い。

 

鳩は食べられる?

f:id:uk_548:20180810194912j:plain

病気の話しからすると食べたくないですが、中国やフランスだと食材としては割とポピュラーなようです。

日本でもフランス料理食材店なんかで買えるみたいですね。楽天市場でも売ってました。

cookpadでも、「鳩肉」って検索したら、はと麦や、はとサブレに紛れて、ちゃんとレシピが出てきました。

もっとも、そこらへんにいる鳩を普通に食べられるとは思えないので、ちゃんと食用として育てられているものが流通しているのでしょうね。

 

 鳩の被害はいつごろから?

政府関係の通達を検索してみると、昭和56年頃の「ドバトによる被害防止について」という文章が見つかりました。40年近く前から問題になっていたんですね。wikipediaを見てみると、やはり1980年代から問題になってきたという記述がありました。

通達の概要としては、以下のとおりです。

・被害の実態を啓蒙すること

・餌をみだりに与えないように啓蒙すること

・被害発生地域においては駆除を実施すること

・被害防止策を実施すること

・都市地域での有効な捕獲方法の研究開発を行うこと

当初は狩猟対象に加える議論もあったそうですが、レース用の鳩と区別がしにくいという理由で、対象からは外れたそうです。

ちなみに、被害の概要としては、鳩の糞による被害はもちろんのこと、農作物が食べられたりする被害もあるそうです。鳥が果物を食べてしまうようなニュースは良く目にしますが、鳩がそういうことをするイメージってあまり無いので以外でした。

 

まとめ

 鳩は、

食べられるけど、生だと病気を持っている平和の象徴で、40年近く前から被害がある

って感じでした。

 

とりあえず電線等、鳩が止まっていそうなところの下で立ち止まらないようにして、鳩の糞をくらわないように気を付けよう。